ウェザリング・ダメージ塗装 汚し塗装

ハマー 1/16 ダメージ塗装 汚し塗装

1m級トラック ウェザリング・汚し塗装 製作中

上のハーマーは実売5000円くらいのラジコンです。

元はこれ

ラジコン初心者はこのクラスから遊んで十分です。

飽きたらすぐ捨てられますしラジコンが面白かったら次のステップに進めます。どうせなら最初からいいものを買いたいと思うかもしれませんが何がいいのか?と言うのがよくわかりません。値段が高くても自分の好みに合わないとはっきり言ってお金を捨てるようなものです。高くても1種類ではないのです。まず一つ安いものでいいから買うと気に入らないところが出てきます。次買うときには、そこがいいものを買うのです。そうするとあっという間にレベルアップします。自分に合うものを探すためにはまず安いものから買ってステップアップすることです。私もこのハマー5000円を買ってすぐ、「あぁ………」ってとこが見つかりました。すると昔カタログで見たあのラジコンなら、ここがこうなっていればとか色々面白いことが思い浮かびます。

でも大人だし安いもの….。と言われてもあまりにも子供っぽいラジコンだし……。と思うかた、ダメージ塗装いわゆるウェザリングをすると上の写真のようになって結構大人でも楽しめます。今回は簡易的んいやって見ました。トラックをサビ感 ハマーを汚れを中心にペイントしましたがこれだけ大胆に、大きいサイズを塗るとなるとプラモのエナメルだけではちょっと役不足かもしれません。このくらいであれば1万円くらいでもできますのでお見積もりして見てください。

こう言うのがコレクションの一つに入ると相乗効果でコレクション全体がよく見えると思います。みなさんも是非どうぞ。

ガレージキット製作代行GK完成品工房

見積もりページ

 

究極のバーニア交換

ナイチンゲール

究極のバーニア交換(金属へ)製作には結構な時間を要しました。
製作はちょうどいいパーツを探すところから始まります。完成の青写真をえがきながらこんなパーツを使いたい。こんな色にするためにこんな塗料を。こんな風に作る。などなどと準備を進めていきます。

ガレージキット製作代行GK完成品工房

見積もりページ

シャー専用ザク 金属バーニアへ変更

バンダイMGシリーズシャー専用ザク 特に専用の金属パーツと言うものもないのでちょうどいいものを探し出して交換します。
肩のアーマーの棘3つ 背中後ろのバーニアを金属製のものに交換するとともに化粧のダミー金属ネジを取り付けています。デカールなどはまだ張っていません。

 

ガレージキット製作代行GK完成品工房

見積もりページ

サビサビ塗装

超ビックなラジコントレーラー今回はこいつをサビサビ塗装していきます。
^^お楽しみに。
当然のことながらこのキット、お客様の所有物ではないのでご心配なく。
お客様のものだと勝手にこういうことはできませんので自分のものを作るという意味では自由でとても楽しいひと時。

 

ガレージキット製作代行GK完成品工房

見積もりページ

 

スケスケ塗装追加

すこーしクリアホワイトを吹いて生地感を出して見ました。

記事感を出しすか前のように超薄いビニール1枚的なものにするかはこのみですかねぇ。 顔を塗装してもうすぐ組み立てに入るわけですが、この子達欲しいひとがいたら問い合わせでお知らせ下さい。お譲り方法はまだ決めていませんがおられたら検討します。^^

ガレージキット製作代行GK完成品工房

見積もりページ

 


PS 2ちゃんねるで誰か私になりすましてコメントしているいる人がいるらしく迷惑しています。

スケスケ塗装!

スケスケ塗装

じゃん!スケスケ塗装です。まだ塗りの途中です。ただ単に何でもかんでも機械的に綺麗に綺麗に神経質に作業を進めるのもいいですが(主にメカ系の場合はその場合がいい場合もある)がこうやって色んな塗装ができるのもガレージキットの醍醐味です。やっぱりガレージキットは楽しんで作れなきゃ意味がない。

備考:ご依頼の際、何も言わずに送ってこられた場合はこのような変更はされませんので、ご希望の場合は必ずスケスケ希望とかわかるようにお知らせ下さい。大まかなご希望をお知らせいただくとキットの状況などを吟味してこちらで微調整(お任せの部分)して製作させていただきます。現在、ご希望の方には組み立て前確認と完成後の確認はサービスとなっていますのでご希望の方は見積もり時にお知らせ下さい。 注)サービスは予告なく終了する場合があります。

ガレージキット製作代行GK完成品工房

見積もりページ

アスカとレイ

アスカとレイのガレージキット

クルシマのアスカとレイ クルシマさんのガレージキットは服のつなぎ目の製作まできちんと製作されていてなかなかいいです。

今回はこれをちょっと変わった風にしていきます。

今日は磨きに関してひと講座。何でもかんでもテカテカに磨くとおもちゃ感がどんどん増してきます。肌は肌に合わせたテクスチャー付けを磨きの時からやって置くことが大事。間違ってもテッカテカプラスチック感は出さない方が良いこれは上手い下手というよりセンスの問題だから作る人は気をつけた方がいいかも。最後につや消しをかけてそれに頼るだけでは面白くない。後、人のいいところを探してそれを自分のものにできれば技術は上がるが粗探しや揚げ足ばかり取っていると技術進歩はなし。ただ、それでひとり知ったかふりで優越感を得ているだけ。そうなると最悪だよね。

この後スケスケ塗装へと進んでいきます。お楽しみに!

ガレージキット製作代行GK完成品工房